低用量ピルで生理痛が和らぐ

低用量ピルは、避妊目的として利用することが多いですが、生理痛を和らげるために服用する人もいます。低用量ピルで生理痛が和らぐ仕組みとしては、低用量ピルに含まれる女性ホルモンにより体内のホルモン濃度が上がり、ホルモンバランスが安定するためです。体内のホルモン濃度が上がることで、排卵が抑えられ、子宮内膜の増殖も抑えられます。生理中に子宮内膜は増えますが、この子宮内膜の中には、プロスタグランジンが含まれています。このプロスタグランジンは、子宮の収縮を促す働きがあり、分泌が過剰になることで、子宮の収縮が強くなり痛みが引き起こされます。低用量ピルを含むことで、子宮内膜の増殖が抑えられるため、プロスタグランジンの量も減り、出血量だけでなく生理痛も緩和が期待でされます。生理痛が和らぐと精神的なイライラも減るようになります。
低用量ピルは、服用することで副作用があります。吐き気や頭痛、不正出血乳房の張りなどがあらわれることがあります。しかし、これらの副作用には個人差がありますが、ずっと続くのではなく、2周期から3周期で治まることがほとんどです。ただし、あまりにも副作用がひどい場合には、医師に相談して薬を変える必要があります。
低用量ピルを服用する際には、婦人科を受診し、検診を受けてから自分の身体と目的に合うものを処方してもらう必要があります。近年では、海外からネット通販することも可能ですが、重篤な副作用を引き起こす可能性もあるため、自己判断での処方は危険です。また、長期的に服用する場合も副作用がないかを確認するために定期的な検査が必要となります。また、毎日同じ時間に服用することで、効果を発揮する薬になるため、飲み忘れには注意が必要です。